Apple Pencil第2世代が届いてしまった

 どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日はiPad miniと同時に購入したApple Pencil第2世代がもう届いてしまった、というお話しを中心に戯言編成でお送りしたいと思います。

Apple Pencil第2世代とは

 Apple Pencil第2世代とはAppleの開発・販売するiPad用のスタイラスの第2世代を指し、第2世代はiPad ProかiPad miniでしか使えないのです。
 第1世代と違って無線給電で本体横に貼り付けられる点、スタイラスの先をダブルタップして機能を切り替える機能が搭載されており、第1世代よりもちょっと高い金額で出ています。
 Apple Pencilはお世辞抜きでタブレット用の最高のスタイラスで、一度この魅力を知ってしまったらもう他には戻れないだけの魅力があるのです。

私はiPad mini用に購入したので他に使う当てがないんですが

 そんなApple Pecil第2世代ですが、現行のiPad ProとiPad mini第6世代専用のアイテムなので今届いても使えるデバイスがなく充電もできないので届いてから延々劣化していくだけなのでうれしくないんですが、まあ1ヶ月くらいの放置では大して劣化もしないだろうという見通しもあるのでまあいいか、と思っています。

Pencilだけ先に届いてもこまりますよね

 まあ正直Apple Pencilだけ先に届いても使えないのでこまるというか、なくす危険性があるのでできるだけ同時に届けて欲しかったのが正直な所です。
 本体に付属しないPencilは脆弱ですしなくす折る危険性が常に付いて回るので非常に危なく、できるだけ現時点では触りたくないのが正直な所です。

実際パッケージを開けてもいないんですが

 という訳でパッケージを開けるとなくす、折る心配があるので現時点でパッケージも開けておらず、実際にApple Pencilが入っているかも確認していないんですが、Appleからの荷物でサイズがApple Penilのそれなので間違いなくApple Pencilだと思っておりとりあえずiPad miniが入手できるまでは箱は開けるかも知れませんが取り出さないで飾っておこうと思っています。

まあ良いものだといいな、と思います

 とりあえず届いてしまったものは仕方がないので飾っておくんですが、大事なiPad miniの入力装置なので良いものだといいな、と思っていて、実際iPad Pro10.5インチに一緒に買ったApple Pencilは驚くほどに良いデバイスでしたし、そのデバイスの後続なので悪いわけがないとは思うのですが、筆記用具ってちょっとした重量バランスだったりで途端に使いづらくなる事があるのでそういう事がないといいな、と思っています。

そのiPad Pro10.5インチですが

 そのiPad Pro10.5インチとApp;e Pencilは今長男が自分の部屋に持ち込んで絵を描くのに使っています。
 もともと絵を描くのはVAIO Zを使っていたのですがとんでもない故障の仕方をしまして、外装破損・バッテリー膨張・キーボード不良・トラックパッド不良の状態で相談に来て、これ直すのにいくら掛かるんだ?と思いながら修理を手配して、今VAIO Zは修理センターに預けているんですがその間も絵を描きたいニーズがあるという事でMacBookAirにiPad Pro10.5インチを付けてSideCarで描けば、と言って渡したらかなり気に入ったようでゴリゴリに絵を書いているみたいです。
 私は結局ついぞiPad Pro10,5インチではちゃんと絵を描かずに終わらせてしまったので今そうやって生きているのはiPad Pro10.5インチにとっても良い事なんじゃないでしょうか。
 このiPad ProはVAIO Zが戻ってきてiPad miniが入手できたらフリーになって次男の手に収まる形になる予定で、次男もiPadで絵を描くのが好きなので良い余生なんじゃないかと思います。

壊れたVAIO Zですが

 壊れたVAIO Zですが、外装破損・バッテリー膨張・キーボード不良・トラックパッド不良の状態で、Webの概算紹介の金額で計算すると12万くらいになる計算で、流石に12万は払えないな、5万を超えるようならiPad Pro12.9インチの中古を買って長男に与えて液タブ代わりにさせるしかないな、と思って試しにiPad Pro10.5インチを貸し与えて良い手応えなんですが、VAIO社から連絡が来まして、修理代金が47000円で済んだのです。消費税込みで。
 かなりの金額を覚悟していただけに肩透かしを食らった気分になったんですが、修理金額が安いのは良い事なのでVAIO Zを修理して復活させる事にしました。
 こういうのは概算でふっかけておいて見積もりで安く上げてホッとさせて契約させるのが常識ですが、思っていた以上に安くて本当に助かりました。
 修理見積もり出さないでいきなりiPad Pro12.9インチを買おうかなと思ったんですが、「万が一安い可能性もあるし」と思って見積もりに出して良かったです。

それを踏まえてiPad miniでは

 これらの経緯を踏まえて新しく入手できるiPad miniではモバイル用途はもちろん、楽天回線のSIMがあるのでそれを刺して5Gでつなぎ、Apple Pencilを使って手書き文字を書きまくって絵を描きまくってメディア消費もしまくる方向性で考えていて、iPad Pro10.5インチはちょっと大きくて持ち歩く気がしなかったんですが、同じサイズ感だったZenPad S 8.0は四六時中持ち歩いていたので同じようにiPad miniも四六時中持ち歩いて使うようにしたいと思いますし、とにかくガジェットとして優れていると思うので常に身につけて常に使う方向性で、周辺機器も持ち歩きのハードルを上げないものを考えています。
 まあカーナビ代わりに使う可能性があるのでフォリオみたいな角度をつけておけるカバーが必要なんですが多分フォリオよりもはめ込み式のしっかりした風呂蓋カバーが発売されると思うので発売待ちです。
 不幸中の幸いなんですがiPad miniが届くのが10月14日前後(1ヶ月後です……!)なので、実際に届く前に専用のガラスフィルムや風呂蓋カバーはある程度販売されているだろうなと思うので、それを待って購入して、という感じで行けば最初から不都合なく使っていけるんじゃないかと思います。

iPad miniには相当期待しているので

 iPad mini第6世代は8.3インチ液晶、スクエアフォルム、A15Bionic搭載、メモリも4GB、ストレージは256GBを選んだので性能的にも相当期待しており、まあ私が遊んでいるけものフレンズ3やアズールレーンではスペックの底を見る事は出来ないと思うんですが、色々なアプリを使って色々な事を試して行きたいと思っているので結果として良いデバイスだといいな、と思いますし、良いデバイスを選んだのだという自負があるのでしっかり使っていこうと思います。

まとめ

 という訳で、iPad miniを注文したら同時に頼んだApple Pencilだけが先に届いてしまって困っているよ、というお話しを中心に戯言編成でお送りしました。
 早くiPad miniが届いてくれればいいんですけどね。