LinuxのOnedrive-dは思った以上に使えなかった

 大容量で値段が安く使い勝手の良いMicrosoftのOneDriveですが、対応ソフトはWindowsとMacにしかなく、Linuxでは使えません。
 しかし有志の開発したソフトで「Onedrive-d」というソフトを使えばLinuxでもOneDriveが使えるというので早速インストールして試してみました。

 ……結果ですが、残念な事にファイル同期の速度が遅すぎて使いものにならない事がわかりました。
 まる2日同期に時間をかけて120GB中まだ50GBちょっと。無料の15GBで使っているならまだいいかもしれませんが課金して1TBにしている私から見ると話にならない速度です。
 これならリムーバブルメディアや外付けHDDでファイルを同期した方がよっぽど早い。

 まあ、Ubuntuはテスト環境で使うものなので別にOneDriveのデータは必要ないので無理に同期する必要はないんですけども、ここまで遅くて使い物にならないのは予想外でした。とても残念です。

 Microsoftが早くUbuntu用のOneDriveソフトを開発してリリースしてくれればいいんですけどね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)