ニンテンドースイッチへの現時点での不満

 とりあえずニンテンドースイッチを購入して1日になりますが、現時点での不満を。
 機械自体への不満というよりも任天堂という会社への不満に近いです。

・1−2スイッチは別売りしないで本体と同梱すべきだった
 1−2スイッチは面白くないわけではないですが「できの良いデモンストレーションプログラム」の域を出ていない感じがしますし、そもそもこういうソフトは本体に同梱と言うか内蔵しておくべきなんじゃないかと。
 5000円払うだけの価値があるかというと、私は「まあ応援馬券的な部分も含めてセーフ」の判断なんですが、人によってはこれ別売りなのキレると思います。

・充電グリップは別売りじゃなく最初からそれを入れておくべきだった
 据え置き機として使える以上充電グリップを同梱するのはもはや義務だと思います。本体の値段が+3000円されても同梱すべきだった。発売1日で売り切れ、ネット上にもなくAmazonではプレミア価格、という無能っぷり。
 まあとりあえず再販売されるまでは様子を見ますが、これは商売として負けでしょう。

 今回機械への不満は特にないですしゲームへの不満も特にないんですが、任天堂の対応自体が気に入らないという珍しいパターンなので、「スイッチお勧めだよ!」とは素直に言えません……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)